ネタ

(黒歴史)厨二病だった頃のポエムから学ぶこと。


こんにちは、カナタです。

先日引越しをしました。

引越しのときって思い出の品とかやたら出てきますよね。

アルバムとか、教科書とか、昔使ってたノートとか。

懐かしいー、なんて思って開いたらそこにはとんでもないやつがいました。

そう、ポエムです。

しかも2冊。

 

もう恥ずかしくて死にそうでした。

でも私はブロガー。

意を決して厨二ポエムの中身を解説します!

これはやらねばならぬ(使命感)

厨二病ポエム 気になる中身とは!

なんでポエムってポエムって言うんですかね?

谷川俊太郎の書いたものをポエムとは言わないじゃないですか。

ちょっとバカにしてる感あると思うんだ。

で、例のポエムの中身なんですけど、

 

白いピアノがどうのこーの

白いノイズがどーのこーの

空が青いからどーのこーの

 

 

うわあああああくぁwせdrftgyふじこlp!!!!!!!

 

って内容でした。しかもご丁寧に解説までついてる…。

この詩(あくまでポエムっていわない)は帰り道に虹を見た時の詩で〜

ピアノを見てたらなんとなく詩が浮かんできて〜

なんて無駄な解説が全部のポエムについてました。

 

もうね、恥ずかしくて死にそう。

 

でもさ、厨二の時って誰しも一回はポエム書くじゃない(書かない)。

 

こんな黒歴史誰しも持ってるじゃない(持ってない)。

 

誰に見せるわけでもないのにわざわざ解説までつけて
悦に入ってたあの頃の自分を止めてあげたい。

 

それすぐに処分したほうがいいよって。

 

10年後に出てきて憤死しそうになるよって。

 

引越しの時はさ、ブログ書くなんて思ってなくて処分しちゃったのが痛い。

 

失ったものも時間も戻ってこない。

あれ、捨てなきゃよかった。なんて思ってる自分がいます。

 

確かにあんなの二度と書けないもんなあ。書く気もないけど。

 

そういえば落書きも出てきたけど今じゃ考えられないくらい描けてた。

 

振り向いたポーズとか今絶対描けないよ。

 

あの時毎日絵を描いてたもんなあ。男同士ばっかだけど。

 

人間、やらないとだんだんできなくなってくるんですね。

 

失ったものも時間もう二度と帰ってこない。

 

ポエムから学んだ平成最後の夏でした。

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
カナタ
カナタ
HN カナタ HNの由来はアジカンの名曲「遥か彼方」から。 笑うように生きるをモットーにくだらないことも楽しく笑うブログ、ハナサキ!を運営中。あなたの生活にちょっとした楽しさを提供します! 私と一緒に楽しみを提供してくれるスポンサー様募集中! 顔面以外の外観を褒められること多め。